青い目の人形
青い目の人形

昭和2年、日本で長い間宣教師をしていた米国人ギューリック氏が、日米関係の悪化を懸念し、米国内で寄附を募り、約12000体の「友情人形」が日本全国の幼稚園や小学校に贈られました。

第二次大戦中、日本では多くの人形が壊されましたが、現在約300体が残って居り、その1体が鞆こども園に残っています(向かって左側の人形)。

右側の人形は、平成12年ギューリック氏のお孫さんから贈られたステラちゃんです。

なお、「友情人形」の答礼として、沢山の人形が米国に渡りました。